【ラ・リーガ】メッシがキャリア通算700得点達成も…バルサ、リード守り切れずアトレティコとドロー

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ラ・リーガ第33節が30日に行われ、バルセロナが本拠地カンプ・ノウにアトレティコ・マドリードを迎えた。

【ラ・リーガ】バルサ、アルトゥールとピャニッチのトレードを発表!ユーベが差額分をバルサに支払う形に

前節ドローに終わり首位レアル・マドリードとの勝ち点差が開いてしまったバルサ。チーム内の不協和音が囁かれる中、リオネル・メッシとルイス・スアレスの2トップを採用した。序盤から攻め立てるバルサは11分、右サイドからのCKからメッシがクロスを供給。ジエゴ・コスタのオウンゴールを誘いバルサが先制する。ところが8分後にPKを献上し、サウール・ニゲスに決められ同点に追い付かれてしまう。

【ラ・リーガ】セティエン監督と選手たちが口論…チーム内の関係悪化がピークに

流れを引き戻したいバルサは後半開始直後、ネウソン・セメドがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを担当したメッシがパネンカで沈め、キャリア通算700得点目を達成する。しかしバルサのリードも長くは続かず、62分にまたもアトレティコにPKを与えてしまう。再びサウールにネットを揺らされ、最終スコア2-2で試合終了。バルサは難敵相手に勝ちきれず、優勝遠のくドローに終わった。

メッシが偉大な記録達成も…