「長崎 浜口 元気」地域励ます文字 窓ガラスに掲示 第一生命浦上分室

©株式会社長崎新聞社

窓ガラスに張り出したメッセージ=長崎市浜口町(第一生命保険長崎支社浦上分室提供)

 新型コロナウイルスの影響が続く中、長崎市浜口町の第一生命保険長崎支社浦上分室は、地域を励ますメッセージとして「長崎 浜口 元気」の文字を窓ガラスに張り出している。月1回、内容を変え掲示する。
 飲食店が多い浜口地区に客足が戻らないことから「地域が元気であることをアピールし、メッセージを見た人が浜口に寄ってくれれば」との思いを込めた。夜は青色の発光ダイオード(LED)を点灯し、医療従事者への感謝を表している。
 4月に始めた。当時は集団感染が発生したクルーズ船が長崎港に停泊し、緊急事態宣言が全国に出されていた。弓削英暢営業部長らが「県民が一体となって現状を乗り越え、医療従事者を支えていかなければ」との思いを込め「心ひとつ 長崎一体 頑張ろう」と掲げた。今後も地域の状況などを踏まえたメッセージを掲示していく。