「電音部」仕掛けるバンナムの戦略 進む2次元+クラブの融合と、近接ジャンルの取り込み

©株式会社ジェイ・キャスト

バンダイナムコエンターテインメントは2020年6月28日に、ダンスミュージックをベースにしたキャラクタープロジェクト「電音部」を発表した。

その内容は昨今の音楽ゲームとキャラクターコンテンツのトレンドを凝縮した感が強く、かつクラブカルチャーとの融合が進んでいることを印象付けた。

電音部のキャラクターのうち、ビジュアルが発表されたアキバエリアの3人(左から東雲和音(CV:天音みほさん)、日高零奈(CV:蔀祐佳さん)、茅野ふたば(CV:堀越せなさん))

ヒプマイ、D4DJとの類似点もあるが...

電音部は6月28日のオンラインDJイベント「ASOBINOTES ONLINE FES」で概要が発表された。舞台は電子音楽が隆盛する近未来で、DJに熱中する女子高生12人が登場するプロジェクトである。ただしプロフィールが全て明らかになったのは3人だけで、他9人の名前は伏せられ、キャストとシルエットのみが公開されている。この12人がアキバ・ハラジュク・アザブ・シブヤの4つのエリアの学校で3人1組のユニットを組む。

エリアごとに分かれたキャラクターがユニットを組む、という本作の設定で連想されるのは男性声優によるラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク」だ。複数のディビジョン(エリア)でキャラクターがユニットを組んで登場し、2017年のリリース以来女性を中心に高い人気を保つ。シンジュク・シブヤ・イケブクロなど実在の地名をディビジョンのモチーフにしているのも電音部と似ている。

先発のコンテンツとしてはブシロードが制作、2019年スタートの「D4DJ」もある。こちらもDJがテーマのメディアミックスプロジェクトで、こちらは6つのユニットに4人ずつキャラクターが揃い、ライブでは声優がDJプレイも実演している。電音部に先んじてメディアミックスが進行中だ。

もともとクラブミュージックとアニメ・ゲームの相性はよくしばしばDJイベントが開催されてきたが、電音部は多彩なキャストを選んできた。本職の声優やアイドル経験者にとどまらず、にじさんじ所属のVTuberを起用してきたのは象徴的だ(シブヤエリアで健屋花那、シスター・クレア、星川サラの3人が出演)。先行コンテンツをなぞって音楽とキャラクターを核としながら、近接するジャンル(アイドル・VTuber)のファン層を取り込みたい意図がうかがえる。

クリエイターの顔ぶれにも...

もう一つ注目されたのは、キャラクターの顔ぶれ以上に参加するミュージシャンの顔ぶれだ。こちらでは現役VTuber本人(周防パトラ)やVTuberの界隈で活躍している作曲家(AioBahnさん、Yunomiさん)、バンダイナムコスタジオ出身者(佐藤貴文さん、TAKU INOUEさん)、多彩なDJ陣(TEMPLIMEさん、KOTONOHOUSEさん、Snail's Houseさんら)が参加している。さらにtofubeatsさん・kzさん・ケンモチヒデフミさん(水曜日のカンパネラ)のように、ポップス方面でも実績豊かな顔ぶれがそろった。

ASOBINOTES ONLINE FESで電音部が発表された時、司会者から「これを見ている人はクリエイターに注目している人も多い」との旨のコメントもあったが、実際声優・ゲーム音楽のコンポーザーには自らDJとして活躍する人も少なくない。それがD4DJや電音部でのゲームとクラブミュージックの融合にも一役買っているだろう。このような話題性を持ちつつ、電音部では3DキャラクターがDJプレイをするライブシステム「BanaDive AX」が導入され、臨場感溢れるシーンをユーザーは鑑賞できる計画だ。

今世紀、キャラクターと音楽・ライブの融合を通じて様々な人気コンテンツが生み出されてきた。これからも各タイトルが切磋し、クラブカルチャーと融合して新しい境地を切り開いていくだろう。

(J-CASTニュース編集部 大宮 高史)