世帯年収600~800万円の切実な懐事情「コロナで税金を払えるか心配」「教育費、住宅ローンで赤字の月も!」

©株式会社グローバルウェイ

余裕なし?年収600~800万世帯の暮らし

厚生労働省の調べによると、2017年の平均世帯年収は551万6000円。平均年収を超えている世帯は、収入についてどのように感じているのだろうか?キャリコネニュースには、世帯年収600万円~800万円の読者からさまざまな声が寄せられている。

平均以上稼いでいる年収600万円~800万円世帯のなかには、

「余裕は全くありません。昔と比べて子どもの教育費など上がっている為、コロナで税金も払えるかと心配したほど」(正社員/大阪府/女性)

など、ゆとりを感じていない人々も多いようだ。(文:コティマム)

「給付金10万円もすぐに支払いにまわる。まさに"自転車操業状態"」

40代の男性(正社員/長野県)は、

「子どもの学費、生活費、ローン等を差引いたら何も残らないどころか、足りない月もある。貯金なんて夢のまた夢。 毎日支払いの心配をしながら生きてる感じ。なんの為に働いてるんだか。バカバカしくなってくる」

と嘆く。男性は副業をしているというが、

「コロナで副業収入もなくなり、生活費は赤字。 1人10万円貰えるだけ有難いけど、 学校も休みで食費は増える一方。 給付金も振り込まれたその日に支払いにまわって無くなりました。生活は自転車操業状態」

と切実な懐事情を明かした。

また共働きという40代男性(正社員/兵庫県)は、2人で働いていてもゆとりは感じないという。

「正直余裕は無いです。 住宅や車のローンと保険、光熱費は私。 食費と教育費は妻。あとは各自の携帯代と小遣いと…って感じで財布を分けれる程度ですね」

年収800万でも「貯金なし。家族で海外旅行もなし。車は手放した」

同じ世帯年収600万円~800万円でも、子どもがいるかどうかで余裕が変わってくるようだ。

「子どもがいなければ、まあまあ自由に暮らせる」(正社員/東京都/女性)
「子どももいないので生活自体は余裕だが、子どもができた時を考えると不安」(正社員/愛知県/男性)

子持ちの40代男性(正社員/千葉県)は、

「余裕は無く、住宅ローンに子どもの学費、とにかく自分の趣味に使えるお金はほぼありません」

と語る。

また世帯年収800万円という50代男性(東京都/正社員)は、夫婦と子ども2人の4人家族。世帯平均年収は余裕で超えているが、

「貯金なし、家族で海外旅行もなし。 余裕はまったく無く固定資産税払うのがやっとで、車は手放した」

とリアルな家計状況を明かした。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】世帯年収600~800万円のリアル「年収と恋愛に関するアンケート」に関するアンケートを募集しています。