ガガガSP コザック前田、ラジオでぶっちゃけ「クマガイタツロウはブルドーザー」

©株式会社ラジオ関西

コザック前田(ガガガSP)が、古くからの友人であるクマガイタツロウ(ワタナベフラワー)のラジオ番組に出演し、出会いの話や最新曲の秘話などを披露した。

左:コザック前田 右:クマガイタツロウ

2人が最初に出会ったのは神戸のライブハウス「スタークラブ」。1979年生まれの彼らが、二十歳ごろにライブで共演したのがきっかけだ。

当時のエピソードをクマガイが語った。「ガガガSPのライブがメチャクチャよくて、ボーカルのコザック前田としゃべってみたいなーと思って。でも、楽屋に行ってもいなくて、探したらスタークラブのドア開けたところの路上で三角座りしてたんで、『この人、しゃべったらアカン人やと』思いました」(笑)。

一方、前田からみたクマガイは「ブルドーザーみたいに前に出てくる感じ」とのことで、お互い、今でも変わらないことを笑いあった。

クマガイが「同世代のバンドマンも減ってきて、前ちゃんが続けてくれているというのは、みんなの目標や糧になっていると思いますよ。前ちゃんも(後輩から)『憧れてます』とか言われれるやろ」と問うと、前田は「憧れているのか、馬鹿にされているのか……、『そう言っといたら喜ぶやろ』みたいな感じで言っているんじゃないかと」(笑)。

この素直になれない気持ちはクマガイもわかるらしく「褒められたらひねって取ってしまうんですよ。照れてしまいますよね、いまだにね」(クマガイ)「そうやんね、文言通り受け取らないところはありますね」(前田)と、お互い同意していた。

ガガガSPは、先日、キャリア初のクラウドファンディングに挑戦した。<ガガガSPと共に叫ぶ!もうええ!!はよせえ!! MUSIC VIDEO制作プロジェクト>と銘打ち、コロナ禍でライブが軒並み中止となるなか、アルバム「ストレンジピッチャー」の収録曲「もうええ!!はよせえ!!」のMUSIC VIDEO制作支援を呼びかけた。既にプロジェクトは終了し、目標金額の2倍でもある327万円が集まった。前田は「ありがたいですね、本当に」と感謝を口にした。

今回、支援によりMVが制作される「もうええ!!はよせえ!!」は、サウンド面で様々な挑戦をしたアルバム「ストレンジピッチャー」の中で、「1曲ぐらいは、原点でもあるパンクな曲があった方がいいのでは?」との思いで作られたという。前田は、そのきっかけを語る。

「ドラムの田嶋に『“もうええ!!はよせえ!!”っていう感じの曲があった方がええんちゃうか?』って言われて、なんやようわからへんけど『“もうええ!!はよせえ!!”って曲作ってみるわ~』で、できたんです。ライブのMCでは、やたら熱いこととか、深いこと言ってる割には、作り始めたコンセプトは異常に浅いという……」(笑)

ちなみに、歌詞は、テレビ番組『マネーの虎』の人たちが言ってる言葉をまとめたとのことだ。

もともと、アナログ人間のように思われる前田だが、最近は個人的にネット配信も積極的に行っている。また、度重なるツアー延期や開催見合わせなどを受け、ライブバンド「ガガガSP」としての今の姿を全国へ届けるべく、無観客による生配信ワンマンライブを6月26日(金)に決行する。無観客とはいえ「ライブができない」「ライブを見られない」鬱憤を、バンドと観客がともに晴らすような、すごいライブになりそうだ。

※ラジオ関西『週明けクマチャンネル』2020年6月22日放送回より