三菱地所系、マンション自主管理用アプリ

©株式会社新建新聞社

マンション・ビル管理会社の三菱地所コミュニティ(東京都千代田区)は7月1日、マンション自主管理用アプリ「KURASEL(クラセル)」の利用申し込みを開始した。これまでマンション管理会社が担ってきた、マンションの管理業務をスマートフォンとウェブ上のアプリで一元管理を行うことで自主管理をサポートする。

アプリは基本機能・理事会機能・会計機能の3つで構成。基本機能ではマンションそのものの情報や所有者・居住者情報、修繕・保険情報や契約・発注管理などを行う。理事会機能では理事会資料の保管や閲覧の他、理事会のチャット機能なども備える。会計機能では管理費など収支状況などの管理を行う。

利用開始日は11月1日で、利用料金は1マンションにつき月3万5000円~(税別)。アプリの提供と運営は三菱地所コミュニティから新設分割で設立した新会社のイベリオスが行う。マンション管理組合の自主管理実現や管理コスト削減の要望に応え、2024年度末までに全国で3000組合の導入を目指す。

メニュー画面のイメージ