みんなのタクシー、配車アプリ「S.RIDE」を横浜でサービス開始

©株式会社イード

タクシー配車アプリ S.RIDE

みんなのタクシーは、国際自動車の横浜営業所の80台で、7月1日よりタクシー配車アプリ「S.RIDE」のサービスを開始する。

みんなのタクシーは、国際自動車をはじめとする都内タクシー事業者、およびソニーグループの合弁企業。株主である都内タクシー事業者が保有するタクシー車両は現在都内最大規模の1万台を超えている。

タクシー配車アプリ「S.RIDE」は、ワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスだ。支払いは事前登録できるクレジットカードやApple Payに加え、au PAY、d払いなどのコード決済サービスに対応。目的地に到着後、利用するコード決済のアプリ内に表示されるQRコードを後部座席タブレットのカメラに読み取らせることで、決済が完了。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐため、乗務員と乗客の接触を避けられるキャッシュレス決済を推進している。

みんなのタクシーでは、多摩地域に続き、横浜地域でのサービスを開始し、今後、東京近郊、および全国に順次拡大していく。