新車登録台数、上位3ブランドを中心に回復傾向…5月の40.2%減から6月は26.0%減に

©株式会社イード

トヨタ・ヤリス

日本自動車販売協会連合会は、2020年6月の新車販売台数(軽を除く)を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大による需要低迷などで、前年同月比26.0%減の21万4857台となった。

新車販売台数はこれで9か月連続のマイナス。3月は同10.2%減、4月は同25.5%減、5月は同40.2%減と、新型コロナウイルス感染拡大による影響は大きくなっていたが、6月は同26.0%減にとどまり、回復の兆しが見え始めている。

車種別では、乗用車が同26.6%減の18万2128台で9か月連続マイナス。このうち、普通乗用車が同29.9%減の9万7682台で9か月連続マイナス、小型乗用車は同22.4減の8万4446台で3か月連続のマイナスとなった。

貨物車は同21.7%減の3万2178台で9か月連続マイナス。このうち、普通貨物車が同24.6%減の1万2864台で10か月連続マイナス、小型貨物車が同19.7%減の1万9314台で9か月連続のマイナス。バスは同48.0%減の551台で4か月連続のマイナスとなった。

ブランド別では、トヨタが22.7%減(前月は33.9%減)の10万1762台、ホンダは30.4%減(同42.5%減)の2万4678台、日産が35.7%減(同52.0%減)の2万1031台。上位3ブランドは前月より10ポイント以上の回復を見せている。そのほか、前月大きく落ち込んだスズキ(62.8%減→12.2%減)やスバル(76.1%減→33.5%減)も復調した。

◆新車登録台数ブランド別ランキング

1位:トヨタ 10万1762台(22.7%減・9か月連続減)

2位:ホンダ 2万4678台(30.4%減・9か月連続減)

3位:日産 2万1031台(35.7%減・19か月連続減)

4位:マツダ 8616台(21.1%減・4か月連続減)

5位:スズキ 8295台(12.2%減・9か月連続減)

6位:スバル 6485台(33.5%減・5か月連続減)

7位:いすゞ 5405台(26.0%減・10か月連続減)

8位:日野 5000台(19.5%減・10か月連続減)

9位:レクサス 3505台(15.5%減・7か月連続減)

10位:ダイハツ 3360台(46.5%増・8か月連続増)

10位:三菱ふそう 2931台(27.1%減・3か月連続減)

12位:三菱 1535台(60.2%減・9か月連続減)

13位:UDトラックス 935台(18.8%減・6か月連続減)

その他(輸入車など) 2万1319台(31.8%減・8か月連続減)

※()内は前年同月比