青山テルマ、ソーシャルディスタンス用の衝撃のコーデを披露も…ファン「まともに歩けるの?」

©株式会社ジーンステイト

画像:EPA=時事

6月30日にアーティストの青山テルマさんが、自身のInstagramを更新。

青山さんが着用したソーシャルディスタンス用として着用した衣装が、オシャレすぎると話題になっています。

青山さんはどのような衣装をしていたのでしょうか。

青山テルマ、お気に入りのソーシャルディスタンスコーデを公開「ベイマックスじゃん」との声

6月30日にアーティストの青山テルマさんが、自身のInstagramを更新。

青山テルマさんは、トリニダード・トバゴと日本人のクウォーターで、2007年にメジャーデビュー後、着うたランキング1位や、紅白に出場するといった経歴を持つアーティストです。

そんな青山さんは「ソーシャルディスタンスコーデ」と称し、空気で大きく膨らんだ赤い服を着用した写真を投稿。

青山さんはこちらのコーディネートで、いつか雑誌に掲載されることを意識していると語ります。

この投稿を見たファンからは、

「オシャレすぎてびっくりです」

「ピンクベイマックスじゃん」

「パリコレ行くしかないですよこれは」

「まともに歩けるの?」

と、青山さんの衣装を称賛するコメントなどが多く寄せられました。

 

青山テルマのファッションの分野における活躍!BALLYとのコラボ

ベイマックスかと疑われるような服を見事に着こなして、青山テルマさんはオシャレだと評されました。

そんな青山さんのファッションセンスとは、どのようなものなのでしょうか。

青山さんは普段はカジュアルな服を着こなしており、2016年に東京コレクションに出場しています。

さらに、昨年では人気ブランドBALLYとのコラボを実現。

こちらのコラボは、BALLYの人気アイテムに青山さんのユニークなタッチの絵が描かれており、8つのアイテムが展開しています。

青山さんは「Love More」のコンセプトの元、このコラボで多くの人に元気を届けたいと話しています。

このように、青山さんはアーティストとしての活動以外にも、ファッションの分野で活躍中。

赤のブカブカした独創的な服を着こなした青山さん。

アーティストでありながら、ファッションの分野でも活躍されているからこそ、このような独創的な着こなしができるのではないでしょうか。

(文:M.K)