自民本部、五輪成功への支援要請

首相に決議提出

©一般社団法人共同通信社

自民党五輪・パラリンピック東京大会実施本部長の遠藤元五輪相(中央左)から、大会成功への支援を要請する決議文を受け取る安倍首相=1日午後、首相官邸

 自民党五輪・パラリンピック東京大会実施本部の本部長を務める遠藤利明元五輪相は1日、新型コロナウイルスの影響で延期された大会の成功に向け、政府に支援と関連予算の確保を求める決議を安倍晋三首相に手渡した。首相は「世界がコロナウイルスに打ち勝った証しとして開催する。世界に感動を与える大会にしたい」と述べた。

 遠藤氏は2021年度予算編成の指針となる「骨太方針」に五輪・パラの成功を明記し、ウイルス対策やPCR検査などを充実させるよう要請した。首相は「十分頭に入れておく。医療態勢を整備し、安心して大会を運営できるようにしたい」と応じたという。