小浪底ダム、過去最大流量の水が花園口水文観測所を通過 河南省

©新華社

小浪底ダム、過去最大流量の水が花園口水文観測所を通過 河南省

 

 【新華社鄭州7月1日】中国水利部黄河水利委員会はこのほど、河南省鄭州市花園口水文観測所が6月29日午前8時に毎秒5520立方メートルの水量を確認したことを明らかにした。黄河下流への大流量の放水が現在、安定して進められている。

 黄河2020年大洪水防止実戦訓練は6月24日に始まった。28日には、同省洛陽市の黄河小浪底ダムの放流量が毎秒3500立方メートルから5500立方メートルまで段階的に引き上げられ、ダム稼働後の最高値に達した。黄河下流の水の流れは全体的に安定している。(記者/楊琳)

小浪底ダム、過去最大流量の水が花園口水文観測所を通過 河南省