新型コロナウイルス新たに7人感染確認

©千葉テレビ放送株式会社

新型コロナウイルス新たに7人感染確認

 千葉県内では1日、新たに10代から60代の男女7人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 県内での感染者数は増加傾向にありますが、県は現時点で「警報」を出していません。
県などによりますと、1日新たに感染が確認されたのは県内に住む10代から60代の男女7人で、このうち船橋市に住む30代の会社員の男性1人は、感染経路が分かっていないということです。
 また、直近10日間の県内の新規感染者は約7割が30代までの若い世代で、6割近くは都内への往来があったことが確認されました。
 県内の感染者の累計は971人に、死者は45人となっていて、県独自の休業の再要請を判断する指標のひとつの「新規感染者数の直近7日間の平均」も4.9人と、「警報」を出す目安の5人に迫っています。
 しかし、現状では、県内の病床数に余裕があり医療提供体制が整っていることや、PCR検査の陽性率が低いこと、それに重症者の数が少ないことなどから、県では基準を上回った場合でも、直ちに警報は出さない方針を示しています。