DeNAが終盤に逆転勝利 走者一掃打のオースティン「攻め続ける気持ちで」

©株式会社Creative2

DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

0-3とリードされるもの、巨人・澤村の四球からチャンスを作り…

■DeNA 5-3 巨人(1日・東京ドーム)

DeNAは1日、巨人と対戦し、8回に新外国人選手のオースティンの走者一掃の3点二塁打で逆転勝利を収めた。決勝打のオースティンは「1、2、3打席と良くない感じだったので、1本出てホッとした」と試合後、胸を撫でおろした。

6回まで0-3とリードされたが5回に大和の1号ソロなどで7回までに1点差に迫ると8回。巨人澤村の2四球などでチャンスを作り、2死満塁とすると代わった高木から右越えフェンス直撃の走者一掃の適時二塁打を放った。

タイムリーを放つまで4打席で無安打とタイミングが合っていなかった。状態が上がってこない中で回ってきた打席だったが「フィジカルやコンディション的に上がっていなくても打席の中では攻め続ける気持ち、強気のスイングを心掛けている」とハートを燃やして挑んだ姿勢が好結果につながった。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)