消費者トラブルに負けないぞ!~自分の暮らしを守るために~

©株式会社VOTE FOR

今月のテーマ:給付金等に関連した詐欺に注意!!

新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットラインでは、5月1日~31日までの1か月間で2,835件の相談を受け付けました。
特別定額給付金等の申請方法など給付金関連の相談件数は2,721件で、そのうち特別定額給付金等の詐欺が疑われる相談件数は51件でした。具体的な相談事例は次のとおりです。

■相談事例
・「給付金手続きを代行するのでマイナンバーカードを貸して」と電話があった
・自治体職員をかたり「特別定額給付金の申請を代行する」と電話があった
・「給付金の受付番号が届いていない」と電話があり、振込先銀行口座を教えた

■アドバイス
(1)自治体や総務省などが次のような手続きを求めることは絶対にありません。
・現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること◦
・受給にあたり、手数料の振込みを求めること
・メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること
(2)暗証番号、口座番号、通帳、キャッシュカード、マイナンバーは絶対に教えない、渡さないようにしましょう。
怪しいと思ったら、役場または消費生活センターまでお問い合わせください。

▽三重県消費生活センター
日時:平日
・午前9時から正午まで
・午後1時から午後4時まで
【電話】059-228-2212

詳しくは、役場産業振興課までお問い合わせください。