夏の訪れ告げるハスの花 沖縄県内最大級「水上楽園」を彩る

©株式会社琉球新報社

 【沖縄】沖縄市の東南植物楽園(宮里高明園長)でハスが開花し、来場者に夏の訪れを知らせている。同園によると県内最大級のハス池で、桃色の蜀紅蓮(しょっこうれん)など主に2種類のハスが五分咲きとなっている。見ごろは9月中旬ごろまで。

 同園はハスの花が見られる時間帯に合わせ、6月27日から土日、祝日の開園時刻を午前7時に早めた。ハスの花は同園「水上楽園」内で見ることができる。

 「蓮(はす)・睡蓮(すいれん)めぐり2020」も同日から始まっている。フォトコンテストやボタニカルアートカードを使った園内散策、ハスに関連した体験プログラムなどが楽しめる。9月22日まで。問い合わせは同園(電話)098(939)2555。