富岡製糸場の6月入場者 遺産登録以降で最少

©株式会社上毛新聞社

 世界文化遺産、富岡製糸場(群馬県富岡市)の6月の入場者数は7287人で、新型コロナウイルスの影響で休業した4、5月を除き、単月では2014年6月の遺産登録以降で最少だったことが1日、市への取材で分かった。19年6月は3万7841人が訪れていた。

 製糸場の入場者は、感染が広がった今年3月は7999人、4、5月はそれぞれゼロ。新型コロナの影響が直撃している。