カズレーザー、デート報道前に「匂わせ」? インスタ写真、改めて見ると...

©株式会社ジェイ・キャスト

2020年6月30日発売の「FLASH」(7月14日号)に掲載された、「メイプル超合金」のカズレーザーさん(35)のデート報道。このニュースに対しては「応援したくなる」など、2人を祝福する声が多数上がっているが、その一方で、カズレーザーさんの以前のインスタグラムへの投稿も注目を集めている。

カズレーザーさん(2018年撮影)

報道から約1週間前の24日、カズレーザーさんは「家の鍵忘れた!」とのメッセージを添えて1枚の写真を投稿。洋風の東屋である「ガゼボ」が設置された庭園でカズレーザーさんを写したものだ。巨大なバラのオブジェの前でポーズを決めている。

「あー、さっき見たスクープ写真と同じ服だ!」

この写真に対しては、「いつも元気もらえます」といったファンからの絶賛が相次いでいるが、その中に交じってカズレーザーさんの服装を指摘する声も寄せられている。

写真の中のカズレーザーさんは、赤のTシャツに赤のズボン、さらには赤い靴に赤いマスクと、いつもの「赤づくし」の出で立ち。なので、コメント欄には「マスクも靴も赤!」といったコメントが目立つが、あるアカウントは「あー、さっき見たスクープ写真と同じ服だ!靴がめちゃくちゃステキです」。別のアカウントは「カズさん、この日ヒルズで見かけました!」と、写真の投稿日にカズレーザーさんに遭遇したと証言している。

スクープ写真......はて、カズレーザーさんのスクープと言えば、それこそ前述した「FLASH」のものぐらいしか思いつかない。そこで、同誌がネット版に掲載した写真を見てみると(同誌紙面では白黒写真で掲載)、指摘の通り、赤のTシャツに赤のズボン、さらには赤い靴に赤いマスクを着用したカズレーザーさんが、元女流棋士でタレントの竹俣紅さん(22)を連れて庭園らしき場所を歩く姿を収められている。撮影した日時と場所は、「6月下旬、東京・六本木ヒルズ」。ということは......。

この写真を撮ったのは、もしかして...

そこで、六本木ヒルズについて調べてみると、同所の公式サイトに場内のオブジェの案内として、「薔薇」のコーナーがあることに気付く。その写真を見てみると、カズレーザーさんの投稿に写っていたものと瓜二つであることが分かる上、オブジェの周辺には、前述のガゼボの屋根部分らしきものが写り込んでいるのだ。

なお、サイトではオブジェについて、「人間の身長をはるかに超える巨大なバラ」「六本木ヒルズの愛と美のシンボル」と解説している。

こうしたことを考えると、撮影時期が同誌にスクープされた時期と同一である可能性が出てくる。

さらに、写真は自撮り写真ではなく完全なる被写体として写っているため、セルフタイマーか他の人物に撮らせたものであることを考えると、インスタグラムの写真は同行者がいて、その人物が撮影した可能性も考えられる。カズレーザーさんと竹俣さんについては双方が交際については否定しているが、これらの可能性を考えると、カズレーザーさんが6月24日に投稿した写真は、竹俣さんと六本木ヒルズに出かけたことを暗に示す「匂わせ写真」だったのかもしれない。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)