米国で経済再開が足踏み、新型コロナ感染者が再び急増

©ロイター

[1日 ロイター] - カリフォルニアなど米国で新型コロナウイルスの感染が再び急増している州が1日、経済活動の再開中止や制限措置の再導入を決定した。

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者は1日、5万人近く増加し、1日当たりの感染者としては過去最多を記録した。[nL4N2E90LI]

ニューサム・カリフォルニア州知事(民主党)は州内の大半の地区でレストランの店内飲食を禁止し、バーやパブなどの営業停止を命じた。同州の人口が70%を占める19郡が対象で、人口の多いロサンゼルス、オレンジ両郡も含まれる。[nL4N2E849F]

「新型コロナの感染は特に懸念すべきペースで広がっている」と警告した。

米国の感染の中心地は北東部からカリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコなどの西部や、テキサス、フロリダ、ジョージアなど南部の州に移っている。

1日はテキサス州で新規感染者が8076人と過去最高を更新したほか、テネシー、アラスカ両州でも過去最高に達した。またサウスカロライナ州では新型コロナによる死者数が24人とこれまでで最大となった。

ニューメキシコ州のグリシャム知事(民主党)は公衆衛生上の緊急事態宣言を15日まで延長するとし、当局はマスク着用義務を「積極的に」実施すると強調した。

インディアナ州のホルコム知事(共和党)は段階的な経済再開を少なくとも7月半ばまで延期した。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は6日に解禁する予定だったレストランでの店内飲食を延期すると発表した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)