聖飢魔II、地球デビュー35周年期間限定再集結『ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』』を開催

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

聖飢魔II

2020年1月1日(水)に地球デビュー35周年期間限定再集結を発表していた聖飢魔IIが、10月11日(日)福岡サンパレスホテル&ホール公演を皮切りに『ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』』を開催することを発表した。

聖飢魔IIは、10月よりホールツアーとアリーナツアー含む全国15の大黒ミサ公演を予定していたが、悪魔は別として、地球上の人間にとってはまだ安全に黒ミサを楽しめる環境に無いと判断、心待ちにしていた全国の信者やファンのために、配信ライヴでは無く敢えて最新の黒ミサを無観客で収録し、ヴィデオ黒ミサという形式にて予定の会場を含む全国で上映することになったと、オフィシャルweb サイトで表明された。座席は半分に間引いた形だが昼夜公演を行うことにより各会場でフルキャパシティを確保、音響設備は本公演と同様、大音量で再現されるという。

さらに全公演で聖飢魔IIの全構成員が舞台に登場してトークを行い、また最新の物品販売やロビーでの展示会などの企画も予定、コロナ禍でのエンタテインメントの新たな提案となる。関係スタッフや各地の音楽関係者なども、この様な興行形態で雇用も守られ、入場客も制限下の中で最大限にコンサートを擬似体験出来るという画期的なアイデアで、全国ツアーを行うとのこと。どんな公演になるのか、今から大いに期待したい。

聖飢魔II 地球デビュー35周年期間限定再集結 『「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー 『特別給付悪魔』』

10月11日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
10月20日(火) 東京・東京国際フォーラム ホールA
10月24日(土) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
10月31日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
11月07日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
11月15日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
11月19日(木) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
11月21日(土) 石川・本多の森ホール
11月28日(土) 香川・レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール)
12月06日(日) 京都・ロームシアター京都 メインホール
12月12日(土) 神奈川・カルッツかわさき
12月13日(日) 新潟・新潟テルサ
12月17日(木) 大阪・オリックス劇場
12月19日(土) 広島・広島文化学園HBGホール
12月27日(日) 長野・ホクト文化ホール 大ホール

■公演詳細
https://www.seikima-ii.com/feature/blackmass

<参拝料>
¥6,660(税込・全席指定)
※未就学児童入場不可(ご入場されるお客様すべてに参拝券が必要)
※「秘密結社 魔人倶楽部35th」での参拝券先行販売あり
※一般発売日情報は後日発表

聖飢魔II オフィシャルHP