「イグ先輩は、ゴリゴリマッサージャーにゃ」驚きの異種ツーショットに、海外からも癒やされる声

©まいどなニュース

ネコさんが、イボイボした黄緑色の物にスリスリして「たまらんニャー」と気持ちよさそうにしてる…と思ったら、黄緑はなんとイグアナさん! しかも、こちらも気持ちよさそうに目を閉じてうっとりしているように見えるではありませんか。この異種の見慣れない仲良しツーショット動画に「かわいい!」「なんて微笑ましい」とみなさんほっこり。

動画を投稿したのは、ウーパールーパーやミルクスネーク、ヘルマンリクガメ、犬、金魚、モルモット、鳥など、たくさんの生き物と家族で暮らすえっちゃん(@emichan_iguana)。イグアナは7歳オスの「イグ先輩」、ネコは3歳オスの「ぼうかじゃ」くんで、小さいころから一緒に過ごしてきたからか、動画の光景はいつものことなのだそう。

リプ欄には、「観ているだけでコチラにもヒーリング効果が ありがとうございます笑」「お互いに気持ち良さそうですね」「ツイートを遡らせてもらったんですがイグアナくん人にもネコさんにも慣れてて凄いですね!とても可愛いです!ヾ(*‘ω‘ )ノ」「これには猫好きも爬虫類好きもニッコリ」「大好きなの伝わってくるね」などのほか、海外からのコメントも多く集まり、再生回数は701.7万回を超えています。

頭にインコがとまっていても悠々(提供:えっちゃん)

イグ先輩は、インコが頭に乗っていても平気で、ワンちゃんたちとも適度な距離をとってみんなで仲良く生活しているそう。ヨガのインストラクターで、ヨガと動物たちのコラボインスタも公開する飼い主のえっちゃんに聞きました。

──イグ先輩とぼうかじゃくんは、よく一緒にいるのですか?

イグ先輩は、寂しがり屋で、ネコに夢中です。というか、ネコしか興味がないです(笑)。ぼうかじゃも寂しがり屋でツンデレでダラダラしていますが、起きたらイグ先輩と遊びます。イボイボが気持ちいいみたいで、よくイグ先輩にスリスリしています。

──イグ先輩ってさわるとどんな感じなんでしょう。

イグ先輩はザラザラですよ、ほっぺたはぷにぷに。しっぽはトゲトゲ、冷たいですよ。

──イグ先輩のほかの特徴も教えてください。

135センチくらい、今日も脱皮して成長中です。体重は3.5キロくらいですね。草食で、小松菜、かぼちゃ、にんじん、豆腐、とうもろこしが好きです。この間ひまわりを見せたら食べられました。
性格は穏やかで人の顔も覚えるくらい賢いです。家の中で放し飼いしていて、寝る場所とトイレは決まっています。

イグ先輩しか飼育したことがないのでイグ先輩のことになりますが、イグアナの魅力は大きくなること、首を振って挨拶してくれたりコミュニケーションが取れること、表情があって、ほっぺたの丸いホクロも可愛いですし、魅力だらけです。

──イグラブですね(笑)。飼育は難しいのですか?

イグアナ飼育は大変です、危険もあります。発情期もあり、かまれて大ケガする場合もあります。成長すれば最大180センチになります。鋭い爪はサーッと皮膚が切れます。なので懐かせて爪切りできる子にしないとケガしますね。しっぽもトゲトゲで、逆撫ですると血が出ます。

──え…なかなかハードルが高い。でも、動画でイグアナの魅力が伝わりましたね。

うちのイグ先輩と猫を見て「癒されたー」と感想をいただき、嬉しく思います。
イグ先輩推しの私としては、無名のアイドルを応援し、その子が有名になった感じで、切ない気持ちにもなりますが(笑)。今まで通り穏やかに彼らが過ごせるように、頑張ります。

えっちゃんとイグ先輩(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKzuxrpkzuImQ3QKkN7lx9w

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)