「家庭教育支援事業」を紹介します(1)

©株式会社VOTE FOR

市は、子どもたちの健やかな成長と自立を促進するため、保護者が子育てに必要な知識、技術を学びながら、保護者と学校、幼稚園、保育園などの連携や保護者同士の交流を通じて、悩みを解消し、楽しく子育てができるよう、家庭教育支援事業を実施しています。
どのような事業を実施しているか、各実施団体の令和元年度の実績をもとに紹介します。

■家庭教育学級
各学校が、小学生の保護者(地域により幼稚園・保育園・中学生の保護者を含む)を対象に、保護者同士の交流や、子どもとの交流を深める各種教室を開設しています。
リーダーを中心にすてきな講座を開催しています。

◇大室小学校家庭教育学級
「親子ふれあいゲーム」を1年生と保護者で行いました。じゃんけんゲームや仲間づくりゲームを通して、親子で触れ合う機会を持つことができ、他のお子さんや保護者の方とも楽しく会話しながら交流を深めることができました。
また、「おやつとの付き合い方」の講話では、育ち盛りの子どもにとって適度な量のおやつをとることは体や心の成長のためにも大切だと学ぶことができました。
12月の「藤城清治(ふじしろせいじ)美術館」への研修では、素晴らしい作品に触れ、感動のひとときを過ごしました。今後も楽しく学び合える活動を実施していきたいと思います。

◇中宮祠小中学校家庭教育学級
毎年、奥日光ならではの研修を企画し、参加率がとても高い家庭教育学級です。
今回は、地元のパークガイドの方を講師に迎え、中禅寺湖の北岸をハイキングした自然探索学習会を紹介します。色とりどりのツツジを楽しんだり、楓(かえで)の葉の種類の多さにびっくりしたりしながら、緑まぶしい湖畔の山道を、菖蒲ヶ浜(しょうぶがはま)から千手ヶ浜(せんじゅがはま)までたっぷり2時間かけてずんずんと突き進み、昔話や湖水の保全の話、野鳥観察も含め満喫しました。
普段は接客に追われることの多い保護者の方々が忙しさを忘れて、この時ばかりは自然の美しさに癒やされて、和気あいあいと楽しめた研修会でした。

◇鬼怒川小学校家庭教育学級
「魅力ある親をめざして みんなでコミュニケーション!!」というテーマのもと、「作ってみよう!! 人気の給食メニュー」、「視察研修(埼玉県川越市)」、「チョークアート教室」、「パン作り教室」の4回の活動を実施しました。
10月の視察研修では、「小江戸」川越の歴史や文化にふれて教養を高め、2月のパン作り教室では、焼きたての手作りパンを食べながら笑顔があふれました。
それぞれの学級に多くの保護者の方々が参加して、子育てに関する情報交換をしながら、親睦を深めることができました。

◇栗山小学校家庭教育学級
子どもたちが心身共に健やかに育つように、毎年、学級生全員から意見を募り「子どもの栄養について」や「子どもが好きな野菜を使っての料理」などさまざまな学習を行ってきました。
令和元年度は、青柳地区に在住の斎藤(さいとう)ヨネ子(こ)さんを講師に招いて、「クリスマスに向けて親子で一緒にできるロールケーキ作り」を行いました。ケーキを試食しながら、子育てや家庭での学習などについて情報交換をし、有意義な活動ができました。

◇足尾小・中学校家庭教育学級
「心豊かな人間の育成」をテーマに、活動を実施しました。
音楽に触れる機会を多く持ち、豊かな心を育てることを目指し行った音楽活動では、2回のコンサートを開催しました。日光観光大使の大嶋浩美(おおしまひろみ)さんをお迎えしてのミニコンサート、音楽家である粂川吉見(くめかわよしみ)さん、原口佐登子(はらぐちさとこ)さんによるデュオコンサート。どちらも音楽の素晴らしさを生で感じることができました。
また、親子で作れる「手作りパン講座」では家庭教育学級生でもある、本校の保護者が講師となり、パン生地の触感を楽しみながら作り、とても楽しい時間を過ごすことができました。