「家庭教育支援事業」を紹介します(2)

©株式会社VOTE FOR

■乳幼児保護者講座
幼稚園、保育園において家庭教育学級または、講座を開催しています。お子さまの園で講座が開催されるときには、ぜひご参加ください。

◇地域子育て支援センター
家庭教育オピニオンリーダーの高橋貴美子(たかはしきみこ)さんをお迎えし、「親子で楽しむ絵本の世界」を開催しました。6か月~3歳の親子が絵本の読み聞かせを楽しみました。子どもに大人気の絵本や、保護者の心に響く絵本など、いろいろな絵本を楽しむことができ、絵本の読み聞かせの大切さについてもお話しいただきました。
保護者の方からは、「大人の私の心にも染みわたり感動しました」「小学生になっても絵本を通じてコミュニケーションを図っていきたいです」などの感想があり、絵本の大切さをそれぞれ感じることができました。

◇清流保育園
一般財団法人親学推進協会の杉本哲也(すぎもとてつや)さんと、栃木県農業公社の堀彰一郎(ほりしょういちろう)さんを招き、講演会、試食会、ワークショップを行いました。
杉本さんは親学の観点から、親として子どもとどう関わるべきかについて講演を行いました。
参加者の皆さんは大いに笑い、大いに涙し、大きく心を揺さぶられた様子でした。
堀さんは、大正天皇ご即位の際に日光金谷ホテルでの晩餐(ばんさん)で実食された「食用ザリガニ」を栃木県の新たな名物にするための取り組みと、日光のザリガニの由来と生態などについて講演を行いました。さらに、日光金谷ホテルの総料理長さんによる、1人1匹分のザリガニが入った特製ポタージュスープが参加者全員にふるまわれました。食べてみると実は癖がなくておいしい新たな食材に、大人も子どもも舌鼓を打ちました。
今後も楽しくて「ため」になる内容を企画していきます。

◇足尾認定こども園
「みんなで楽しく!」をテーマに「食育教室」「親子夏祭り」「ピアノコンサート」の3回の学級を開催しました。どの学級も、毎回たくさんの保護者の方が参加し、親子のふれあいはもちろん、保護者同士の会話も弾み、親睦を深めることができました。
中でも「親子夏祭り」は手作り神輿(みこし)を担いだり、スイカ割りをしたりとにぎやかで楽しい時間をみんなで過ごし、笑顔のあふれる1日となりました。お店屋さんでは、ヨーヨー釣り・魚すくい・お面屋さんの他、藤原支部のオピニオンリーダーによるバルーンアートとマジックショーで、大いに盛り上がりました。

◇認定こども園清滝幼稚園
市健康課の栄養士を招いて、本園の栄養士と年長組の子どもたちと保護者の方で「親子で簡単おやつ作り」を行いました。
まずは、クイズ形式で食材を赤・緑・黄色の色分けにして、バランスのとれた食事の大切さを学び、その後ホットプレートで「ポテトお好み焼き」作りに挑戦しました。
子どもたちは慣れない包丁を使ってお母さんと材料を切ったり、友達と協力して小麦粉を混ぜたりしました。焼き上がるのを待ち遠しそうにのぞき込んだり、できたてをおいしそうに食べたりしている子どもたちの顔はとても幸せそうでした。

■その他にも
◇生涯学習課では、保護者の心の負担を軽くし、楽しく子育てできるよう、親力を高める親力アップ子育てセミナーを開催しています。お子さんと一緒に参加できるセミナーもありますので、ぜひご参加ください。

問合せ:生涯学習課 生涯学習係
【電話】0288-21-5182

◇地域子育て支援センター(ショッピングプラザ日光4階)においても、大切な乳幼児期における子育ての方法や子どもとのコミュニケーションスキルなどの講座を実施しています。どなたでも参加できます。興味がある方は、お気軽にご連絡ください。

問合せ:地域子育て支援センター
【電話】0288-22-2299

※新型コロナウイルス感染症の状況により、セミナー・講座などは中止する場合があります

問合せ:生涯学習課 生涯学習係
【電話】0288-21-5182