テレ朝「NUMAnimation」で「新世紀エヴァンゲリオン」を放送。2週目以降の放送話を視聴者のTwitter投票で決定

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日では7月4日から深夜アニメ枠「NUMAnimation」で、「新世紀エヴァンゲリオン」(土曜深夜1:30、関東ローカル)を放送。さらに、7月11日以降の放送話を視聴者投票で決定することが発表された。

同作は、1995年に放送された庵野秀明監督によるSFアニメ。碇シンジ(声・緒方恵美)ほかチルドレンと呼ばれる14歳の少年・少女が、汎用人型決戦兵器・エヴァンゲリオンのパイロットとなり、突如襲来した謎の生命体・使徒と人類の存亡を懸けた戦いを挑んでいく。97年には劇場公開が行われたほか、2007年には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズとして再起動。いずれも大きな反響を呼んでいる。

今回放送される「NUMAnimation」の放送枠は9月26日までの12話分。全26話の同作を期間内で全話放送することができないため、同局は今回「地上波補完計画」として、11日以降に放送するエピソードの選択を視聴者投票にゆだねる(初回は「第壱話 使徒、襲来」を放送)。

投票方法は番組公式Twitterアカウント(https://twitter.com/NUMAnimation)をフォローし、既定のハッシュタグ「#地上波補完計画」と「#(視聴したい放送話数。例:第弐話=話数の表記は、#第2話/#2話/#第二話/#二話/#第弐話のいずれも「第弐話」として数える。外国語表記は除外)」をセットでツイートし投票するほか、「新世紀エヴァンゲリオン 地上波保管計画」特設サイト内にある「投票方法」からツイートする形でも受け付けている。第2回放送分の投票期間は、初回放送終了直後から7月7日午後11:59まで。以降も放送終了直後から放送当該週の火曜午後11:59までとなっている。