四千頭身らがリモート先の“たった1人の視聴者”を笑わせる!? 田村淳もMC「笑撃!SOKUNETA バトル」

©株式会社東京ニュース通信社

7月5日にフジテレビ系では、「笑撃!SOKUNETA バトル」(午後4:00、関東ローカル)を放送。自宅とリモートでつながっている全国49人の視聴者が審査員を務め、お笑い勝ち抜きマッチを繰り広げる。

挑戦するお笑い芸人はあらかじめ収録したショートネタVTR(30秒×4本、5秒×1本)を用意。49人の視聴者の中からルーレットで選ばれた1人を見て、芸人はどんなネタが好みなのかを予想し、勝負するネタVTRをチョイスする。

自宅でリラックスしている相手をリアルに笑わせることができるのか? 笑ったか、笑わなかったかはMCの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)が判断する。笑わなかったらその場でチャレンジが終了。笑いの腕はもちろん、運が味方した5人が勝ち進み、金一封をゲットできる。

3時のヒロインは「20代の女性が当たればいいな~」と自分たちを好きそうな人を希望するが、年配の女性が選ばれ“朝ドラ”ネタをぶつけ、YouTuberとして活動しているエミリンは「ほかの芸人さんから下に見られている!」と敵対心を見せる。

また、四千頭身はリモート先のファンと楽しいやりとりを見せる場面も。さらに、ハリウッドザコシショウは自身で編集した独特の世界観あふれるVTRを連発。マジカルラブリーは、ほかの芸人たちのチャレンジを見て「このくらいの笑いでいいのか? 自分たちのネタで爆笑させるぞ!」と挑戦的な発言をし、スタジオやリモート先の視聴者を沸かせる。野性爆弾・くっきー!はいきいなり渾身(こんしん)の5秒ネタを披露する。

4人を笑わせた芸人は、ファイナルステージへ。そこで待ち構えるのは、一般の視聴者ではなく、笑いのツボが全くつかめない“超大物スポーツ選手”。果たしてこの超大物を笑わせて5人勝ち抜きを達成する芸人は現れるのか?一

田村は「収録前にそこそこ持っていた期待感を、何度か超えていくという体感ができました。ショートネタって、ググッと力を入れて見る感じではないですよね。ネタ番組とは違う、全く新しい感覚のネタ番組が始まったなと。スタジオにはお客さんもいなくて、この時代だからこそ生まれた新しいお笑いの見せ方」だと話している。

そして、リモートで視聴者が参加したことについては「家で見てそのまま収録に参加しているので、観覧で来ているお客さんとは全然違います。スタジオの雰囲気にのまれることもなく、リラックスしているし。それぞれの家の様子から人となりが見えたのも面白かったですね。収録中にラーメン食べながら見ている人や、ゲームやっている人もいて、今までだったら考えられなかった! 本当にリアルでいいな、と思いました(笑)」と新感覚の番組を楽しんだ様子。

最後に「自分もリモートで参加している気持ちで、芸人さんたちが短く作ってきたネタをリラックスして楽しんでください。あと“スペシャル審査員”にも注目ですよ。本当に不思議な怪物ですから(笑)」とアピールした。