イギリス人、豚より体脂肪が多いと調査で判明

豚がスリムになっているのだという説も

©英国ニュースダイジェスト

最近の調査によると、平均的なイギリス人のウエストがどんどん拡張している間に、平均的なイギリスの豚のそれは縮小傾向にあり、もはやイギリス人の体脂肪は豚より多くなっているという結果が出た。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

農業園芸開発委員会が委託した調査によると、飼育方法の変化が大幅にスリムな豚を生み出しており、20年前は20パーセントだった豚の体脂肪は現在では平均16パーセント。

これは、イギリスの農家が豚肉をより健康的でダイエットに適した肉として宣伝しようと考えた結果だという。

一方、イギリス人は28パーセントの成人が肥満のカテゴリーに入り、1993年の15パーセントから大幅に増加している。

オックスフォード大学の調査によれば、40万人の中年男女の体脂肪率は、男性が21〜25パーセント、女性が33〜38パーセントだそうで、豚の方がはるかにスマート。

「豚のように太っている」などと言おうものなら、豚に対し大変失礼になる結果が出ている。