震度1以上で辺野古護岸崩壊の危険と専門家

©一般社団法人共同通信社

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域の軟弱地盤を独自調査している専門家は2日、震度1以上の地震が発生すれば護岸崩壊の危険があるとの解析結果を明らかにした。