第2東名、橋脚工事現場から60メートル転落死 強風でバランス崩す?

©株式会社神奈川新聞社

 2日午前10時45分ごろ、神奈川県山北町川西の第二東名高速道路上り線の橋脚工事現場で、静岡市駿河区、会社員の男性(69)が道路から橋脚の土台部分まで約60メートル転落した。男性は全身を強く打ち、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 松田署によると、男性は同僚の男性作業員と工事の安全を啓発する看板の撤去作業を行っていたところ、強風にあおられてバランスを崩し、転落防止柵を越えて転落したとみられる。