弘前ナンバー「1625」が人気/岩木山の標高にちなみ

©株式会社東奥日報社

岩木山の標高にちなんだ「1625」ナンバー

 5月から青森県弘前市と西目屋村を対象に交付が始まったご当地ナンバープレート「弘前ナンバー」で、岩木山の標高1625メートルにちなんだ「1625」ナンバーに人気が集まっている。

 弘前市役所地域交通課によると、全体の申込件数は非公表となっているが、5月末時点で登録された自動車のうち「1625」の申し込みが13件と最多だった。軽自動車でも3件あった。

 1625が人気の理由について、市の担当者は「岩木山の標高のほかに見当がつかない」と話す。東北運輸局青森運輸支局によると、青森、八戸ナンバーでは今年の西暦「2020」や同じ数字を繰り返す「7777」などが一般的に人気が高く、1625人気は弘前ナンバーだけでみられる現象という。

 市の担当者は「地域のシンボルである岩木山の標高は地元の人にとってなじみ深い数字だと思うが、交付開始からこんなに人気があるとは思わず大変驚いている」としている。