【インドネシア】ライオン航空が2600人削減、全体の9%[運輸]

©株式会社NNA

インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエア・グループは2日、グループ傘下3社で合計2,600人を削減すると明らかにした。全社員2万9,000人の約9%に相当する。

傘下のライオンエア、バティックエア、ウィングスエアの3社の契約社員が対象となる。雇用契約期間が終了した社員から順次、再契約せずに雇用を打ち切る。ライオンエア・グループの広報担当者は、雇用契約を終了する社員の所属別の内訳は明らかにできないと説明した。

ライオンエア・グループは、新型コロナウイルス流行前の平常時には、1日平均1,400~1,600便を運航していたが、コロナ禍でその10~15%まで減った。契約社員の削減は、経営存続のためのやむを得ない措置と説明した。