3日の天気 西から雨雲広がる 太平洋側はあすにかけて大雨のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

3日(金)の全国の天気と降水確率

 きょう3日(金)は北日本では晴れる所が多いが、東日本や西日本では梅雨空が戻り、広く雨となりそうだ。雷を伴って激しく降る所があり、東日本や西日本では太平洋側を中心にあす4日(土)にかけて大雨になるおそれがある。

西日本・東日本の太平洋側は大雨に警戒

3日(金)朝からの時系列予報

 午前5時現在、南の海上に帯状の雨雲があり、その一部が九州南部を中心にかかっている。  きょうは梅雨前線の活動が活発になり、その前線上を低気圧が進むため、西から雨の範囲が広がる見込みだ。

 昼前には西日本の広い範囲で雨となり、午後には東日本でも雨が降りだす見通し。雷を伴って非常に激しく降る所もありそうだ。

4日(土)午後6時までの36時間予想雨量

 特に九州南部や四国では長い時間の雨となり、雨量が多くなることが予想される。

 そのほか近畿や東海、関東甲信など、太平洋側の地域を中心に活発な雨雲がかかりやすく、あす4日にかけて大雨になるおそれがある。

 今週はじめに降った大雨ですでに地盤が緩んでる所もあるため、土砂災害や河川の増水、低地の浸水などに警戒が必要だ。

北日本は梅雨の晴れ間 気温上昇

3日(金)の予想最高気温

 一方、北日本では晴れ間のでる所が多くなりそうだ。

 日中の気温は東日本や西日本ではきのうより低い所が多いが、北日本は北海道や東北北部を中心にきのうより高くなる見込み。

 最高気温は盛岡で29℃、帯広で25℃など、真夏並みの暑さになる所もありそうだ。 (気象予報士・多胡安那)