iPS細胞で筋ジス治療

京大、マウス実験成功

©一般社団法人共同通信社

 人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から筋肉のもととなる細胞を作り、全身の運動機能が失われていく難病「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」のマウスに移植することで、筋肉を再生し筋力を回復させることができたと、京都大の桜井英俊准教授らのチームが2日付で米科学誌ステム・セル・リポーツ電子版に発表した。

 従来の治療は進行を遅らせるステロイドが主で、今年登場した新薬は特定の遺伝子変異のある患者のみが対象。今回は細胞移植で病状を改善できる可能性を示したが、安全で効率的な治療にするには、さらに手法を洗練する必要があるとした。