あなたの健康づくりを応援!!The 健康応援隊

©株式会社VOTE FOR

『食中毒を防ぐためには』

食中毒の原因には細菌やウイルスがありますが、梅雨時期から9月頃までは高温多湿な状態が続き、「カンピロバクター」など細菌がもたらす食中毒が多く発生しています。食中毒を招く細菌が増殖しても、食べ物の見た目や味は変わらず、匂いもしません。そのため、食事の準備をするときには、食中毒予防の三原則である細菌を、「つけない」「増やさない」、加熱等で「やっつける」を心がけ食中毒を防ぎましょう。

(1)つけない…洗う!分ける!
手には様々な雑菌が付着しています。原因菌を食べ物に付けないため、以下の時には必ず手を洗いましょう。
・調理を始める前
・生の肉や魚、卵などを取り扱う前後
・調理の途中でトイレに行ったり、鼻をかんだりした後
・おむつ交換や動物に触れたりした後
・食事の前
・残った食品を扱う前
生の肉や魚などを扱った器具から菌を付着させないために、加熱せずに食べるものと分けておきましょう。

(2)増やさない…低温で保存を!
細菌の多くは10°C以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15°C以下では増殖が停止するため低温での保存が重要です。生鮮食品やお惣菜などは、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。ただし、冷蔵庫に入れても細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信せず早めに食べましょう。

(3)やっつける…加熱処理を!
ほとんどの細菌は加熱によって死滅します。肉や魚などは中心部を75°Cで1分以上加熱することが目安です。ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも菌は付着します。特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。塩素系漂白剤の使用も効果的です。

(健康福祉課 栄養士)