information~お知らせ

©株式会社VOTE FOR

◆毎年7月は「社会を明るくする運動」強調月間
「社会を明るくする運動」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安心・安全な地域社会を築こうとする全国的な運動です。
期間中は、ケーブルテレビで広報をいたします。ぜひご覧ください。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年7月中旬に開催しています啓発集会については中止いたします。

問合せ:福祉事務所
【電話】0977-75-2405

◆「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正により、猫の引取り条件が変わりました。
原則、引取り拒否となる猫:
・飼い猫(野良猫に餌をあげている場合も飼い猫とみなします。)
・自活可能な猫
今後も引取り対象となる猫:
・自活できない猫(大けがをしていたり、自分で餌を捕まえて食べることができない猫など)
・自活可能な猫で、次の2つの条件をいずれも満たす場合
1.調査、回覧等によって所有者がいないことが地域の世帯の異なる複数名以上によって確認されていること。
2.当該市町村動物愛護担当部署が、野良猫の過剰な繁殖等により地域の生活環境が損なわれていることを把握していること。
※猫を含む動物の遺棄は「犯罪」です。(動物の愛護及び管理に関する法律第44条第3項)
遺棄した者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
明らかに遺棄されたと思われる猫を発見した際は、最寄りの警察署へ届け出るようお願いします。
※まずは下記まで事前にご相談ください。

問合せ:おおいた動物愛護センター
【電話】097-588-1122

◆国民年金保険料免除の申請について
令和2年度の免除申請等の受付が令和2年7月1日から開始されます。
審査の対象期間:令和2年7月から令和3年6月まで
※過去の期間については、届出をされる月の2年1箇月前まで遡及して免除申請することができます。
経済的な理由で国民年金保険料を納付することが困難な場合には、保険料の納付が免除・猶予となる「保険料免除制度」や「納付猶予制度(50歳未満)」がありますので、市役所の国民年金担当窓口で手続きをしてください。申請書は窓口にあります。
保険料を納め忘れの状態で万一、障害や死亡といった不慮の事態が発生すると障害基礎年金や遺族基礎年金が受けられなくなる場合があります。
失業等により保険料を納付することが経済的に困難になったものの、申請を忘れていたために未納期間がある方は、一度、市役所の国民年金窓口または年金事務所へご相談ください。
※ご相談の際には、ご本人確認のできるもの(免許証、保険証等)、基礎年金番号のわかるものを持ってきていただきますようお願いいたします。

問合せ:
・市民生活課年金・福祉・子ども窓口係
【電話】0978-62-1806

・別府年金事務所
【電話】0977-22-5111

◆まちかど交流サロン「福ろう」の休止について
平成27年から社会福祉法人みのり村に委託し、運営してきたまちかど交流サロン「福ろう」ですが、令和2年6月末をもって委託契約が終了しました。
今後は、新しい管理運営業者を募集し、まちかど交流サロンを実施する予定です。再開する時期は、改めてケーブルテレビ等でお知らせします。

問合せ:医療介護連携課 事業推進係
【電話】0977-75-2404

◆大分県中小企業・小規模事業者応援金給付事業
大分県では、売り上げが減少しながらも事業の継続、雇用の維持や「新しい生活様式」の実践等に取り組む県内の法人や個人事業者に応援金を給付します。詳細は、「おおいた中小企業支援ポータルサイト」に掲載していますのでご覧ください。
○新型コロナウイルス関連の県制度資金や日本政策金融公庫融資を受けた方
給付額:
・法人 30万円
・個人事業者 15万円
○令和2年1月1日以降に創業した事業者のうち、小規模事業者持続化補助金等の採択を受けた方
給付額:15万円

問合せ:大分県中小企業・小規模事業者応援金相談窓口(コールセンター)
【電話】050-6865-7016