ダイナブック、年内上場も

シャープ会長が台湾で表明

©一般社団法人共同通信社

シャープの戴正呉会長兼最高経営責任者

 【台北共同】台湾の電子機器受託製造大手・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下でシャープの戴正呉会長兼最高経営責任者(CEO)は2日に台北で記者会見し、ノートパソコンを手掛ける子会社のダイナブック(東京)について年内に上場させたいとの方針を表明した。台湾メディアが伝えた。

 シャープ広報担当者は、年内に上場申請の準備を始められたら良い程度だとしている。

 シャープは2018年に東芝からダイナブックを約40億円で買収し、21年度中に株式上場を目指すとしている。戴氏はダイナブックは安定して収益を上げていると強調した。