「なにキレてんの!?」 西村大臣ブチギレ会見に長嶋一茂らが警告 無策の政治家に退場を希望

©TABLO

写真はイメージです。

「もう誰も緊急事態宣言とかやりたくないですよ!」

西村経済再生相が、声を荒げて手記者会見をしました。

「休業もみんな休業やりたくないでしょ。これ、皆で努力しないとこのウィルス勝てません!」

誰に怒っているのか、何で怒っているのか。視聴者の方は不思議に思った事でしょう。2日の東京都の感染者「100人越え」がよほど堪えたのか。西村大臣に何が起きたのか。

この2日の会見を受けて、テレビ朝日系列「羽鳥慎一モーニングショー」(3日放送)では、コメンテーターがが呆れ気味でした。

「何キレてんの」

「僕らを脅してどうする。余計不安になります」

とコメンテーターの玉川徹氏や長嶋一茂氏らから、逆に西村大臣の精神状態を不安がる声が相次ぎました。長嶋氏がさらに、

「この内閣は有事の時にはパニックになっちゃうんですよ」

とバッサリ。視聴者もそう思ったでしょう。

安倍総理が国会答弁中にキレ気味に答える姿は国民の脳裏に残っていると思われます。安倍総理のキレ癖が伝染ったのかどうかは分かりませんが、有事にこそ、政権をどう運営するのか、為政者の手腕が発揮されるところです。

また、小池都知事も会見で言っている事は「夜の街に行くな」「新宿、池袋に行くな」とアナウンスしているだけで、具体的にどう感染防止と経済活動を両立させるのか、全く話しませんでした。

つまり都民に投げっぱなし状態です。国も都もコロナに対して無策です。(文◎編集部)