ペッパーランチ売却、午後発表へ

J―STARに80億円程度で

©一般社団法人共同通信社

 経営再建中の外食チェーン大手、ペッパーフードサービスは3日、主力の「ペッパーランチ」事業を、国内投資ファンドJ―STAR(東京)に80億円程度で売却するとの一部報道に対し「金額につきましては、ほぼ事実であり、本日の取締役会にて決議を予定しております」とのコメントを公表した。同日午後にも正式発表する見通し。

 ペッパー社は、もう一方の主力事業「いきなり!ステーキ」の多店舗展開が裏目に出て、収益が急速に悪化。2019年12月期の連結純損益は27億円の赤字に陥っていた。

 売却で得た資金で、いきなりステーキの立て直しを急ぐ。