車内からライブ楽しんで! 船橋出身バンド「ザ・ナゲッツ」、ドライブイン方式ライブ開催へ

©株式会社千葉日報社

7月5日に国内初のドライブイン方式のライブを開くザ・ナゲッツのメンバー(同メンバー提供)

 ロックバンドの生ステージ、新型コロナに負けずに開催へ-。船橋市を拠点に活動する男性4人組のプロバンド「ザ・ナゲッツ」が、5日に長柄町でライブを行う。「3密」になるとして敬遠されがちな音楽ライブだが、感染リスクをなくすため観客は自分の車に乗ったままステージを楽しむ「ドライブイン方式」を採用。同バンドによると国内初の試みという。こわもてメンバーは「エンターテインメントにこだわっており、観客を全力で楽しませる」と意気込んでいる。

 新たな取り組みで音楽ライブを企画したザ・ナゲッツのメンバーは、いずれも1994年生まれの25~26歳。船橋市立大穴小、中学校の同級生で、5歳からの付き合いというボーカル・工藤わたるさん、ギター・西山浩喜さん、ベース・大牟田徹さん、ドラム・加治工かおるさんで構成している。

 アマチュア時代から数々の賞を獲得した実力派で、かつては大手音楽事務所に所属して2015年プロデビュー。18年にフリーに転向し、作詞・作曲からイベント企画・プロデュースまでほぼ自前で行っている。

 今年は2月中旬から3月中旬にかけて、7カ国10公演の世界ツアーを実施。4月には地元・船橋で凱旋公演を予定したが、新型コロナの影響でホールを使用したライブをキャンセル。代わりに船橋・三番瀬の通称「貝殻島」を舞台に「無人島からの生配信ライブ」を行った。

 何とかライブ開催はできたが、同バンドは観客を前にした生ステージにこだわっており「車内から聴いてもらう『ドライブイン方式』なら安全に開催できる。国内初となるやり方で実施しよう」と新たな取り組みへの挑戦を決めた。

 5日に行うライブ会場は、広い駐車場があり屋外ステージを設置できる「ロングウッドステーション」(長柄町山之郷)に決定。午後6時半に開演し、60~80分演奏・撮影する予定。

 会場の中央に6メートル四方のステージを用意し、百台の車が円状に取り囲む。“生音”も響かせるが、車のFMラジオから力強い演奏・歌声を聴いてもらう方式。

 工藤さんは「ナゲッツを知らない人でも楽しめるステージにする。エンターテインメントとロックが融合した素晴らしい景色を作る」と意気込んでいる。

 チケット代は、車1台7千円。乗車人数に制限はない。チケット購入法や問い合わせなどは公式ホームページ(www.the-nuggets.com)。