静岡県、リニア工事拒否と回答

「トンネル掘削の一部」と認識

©一般社団法人共同通信社

記者会見する静岡県の難波喬司副知事=3日午後、静岡県庁

 静岡県の難波喬司副知事は3日、記者会見し、JR東海が早期着手の容認を求めていたリニア中央新幹線静岡工区のトンネル掘削に先立つ準備工事について、認めないとJR東海に文書で回答したことを明らかにした。非常口付近の伐採など、JR東海が要望していた工事内容について「トンネル本体掘削の一部だ」との認識を示した。JR東海も同日、県から回答を受け取ったと明らかにした。

 文書で県は、JR東海の求める準備工事はトンネル本体と一体不可分であり、トンネル本体を含めれば今後5ヘクタール以上となることが確実なため、県の条例に基づく協定の締結が必要だと指摘した。