自衛隊の装備品オークションへ

河野防衛相が発表、26日に実施

©一般社団法人共同通信社

 河野太郎防衛相は3日の記者会見で、退役した練習艦の操舵輪やパイロットのヘルメットなど自衛隊の装備品約30品目のオークションを26日に実施すると発表した。防衛省の財源確保策の一環。3日から募集を始め、約400人の参加を見込む。

 防衛省による装備品の競売実施は初めて。河野氏は競売を繰り返すことで「(100億円を超える)F35戦闘機の1機分ぐらいの収入を上げたい」と強調。具体的な参加条件や品目については、防衛装備庁ホームページで明らかにするとした。

 競売は、麻生太郎副総理兼財務相が河野氏に「収入も考えろ」と注文を付けたことがきっかけで考案したという。