77歳がペンキで!長さ50メートル「トトロ」アート 制作2週間「地域明るくなった」 うるま

©株式会社琉球新報社

 【うるま】沖縄県うるま市勝連平安名の南風(はえ)盛一さん(77)がこのほど、友人と2人で自宅壁面に「となりのトトロ」の巨大アートを描いた。幅約50メートル、高さ約2メートルにわたり、トトロやネコバス、メイちゃんなどがスプレーやペンキで大きく描かれ、道行く人たちを楽しませている。南風さんは「『地域が明るくなった』と住民も喜んでくれている」と笑った。

 

 制作には2週間かかり、6月20日ごろに完成した。新型コロナウイルス感染症の影響で暗いニュースが続く中、子どもたちに人気のトトロの絵を描き、少しでも明るい話題を提供しようと考えた。元々、水墨画が好きで自宅でもよく絵を描いているという。

 制作途中、通り掛かった近所の男子中学生から「完成に近づいているのを見るのが楽しい」と声を掛けられたことも。妻の美代子さん(71)は「やっぱり地域の子どもが喜んでくれるのが一番うれしい」と笑顔を見せた。