【6月30日発売「KISS&CRY」掲載】「木下スケートアカデミー」田村岳斗コーチ&佐藤洸彬コーチにインタビュー!

©株式会社東京ニュース通信社

6月30日に発売された「TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019-2020シーズン総括&2020-2021シーズン展望号~Road to GOLD!!!」(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/KISS&CRYシリーズVol.34)。巻頭特集では、羽生結弦選手の’19-’20シーズン出場全試合をプレーバック。そのほか、羽生選手の「スーパースラム」の達成記念特集や新シーズンを展望するコラムなど、充実の内容です。

また、「木下スケートアカデミー」でコーチを務める田村岳斗コーチと佐藤洸彬コーチがアカデミーの未来を語るインタビューも。今回は、佐藤コーチが全日本選手権2019を振り返る本誌未公開分を交えて、その模様をお届けします。

――まず、「木下スケートアカデミー」とは、どのような目標を持って作られた場所なのでしょうか?

田村 「国際大会で活躍ができるフィギュアスケーターを育成すべく、指導者も選手たちも日々励んでいます」

「氷上での練習はもちろんですが、陸上トレーニングだったり、バレエのレッスンだったり、オフアイスのトレーニングも含め、トータルパッケージで学べることが『木下スケートアカデミー』の強みだと思います」

――ゲストコーチには、デニス・ヴァシリエフス選手など多くの選手を指導するステファン・ランビエールさんや、羽生選手のジャンプコーチであるジスラン・ブリアンさんが名を連ねていますね。

田村 「ステファン先生は、ご存じのとおり彼自身が素晴らしいフィギュアスケーターですので、技術的なことはもちろん、試合に臨む上でのメンタル面での持っていき方なども教えてもらえるとうれしいですね。また、ジスラン先生もコーチとして冬季オリンピックや世界選手権に参加していらっしゃいます。『木下スケートアカデミー』は“世界で戦う”という目標を掲げていますので、世界を経験しているお二人の力を、ぜひお借りしたいと思っています」

――佐藤コーチから見て、’19-’20シーズンの印象的な出来事は何でしたか?

佐藤 「とにかく僕は自分のことで精いっぱいでしたので…(苦笑)。とにかく、全日本選手権2019は、髙橋大輔選手の演技を生で見られて感激しました。まぁ、何度も見たことはありますけど(笑)。やっぱり身のこなしや見せ方というところは何度見ても感動しますね。自分の引退試合となりましたが、思ったより緊張しなかったですし、気負いもなく楽しめました。ミスはあったので『やってしまったなぁ』とは思いましたけど、でもネガティブな感情ではなく、しっかりやってきたことは出せましたので、自分の中での区切りは付けられたと思います」

――全日本選手権2019のバンケットでは、佐藤コーチが若い選手たちをまとめているシーンが印象的でした。

佐藤 「どの選手も個性が強くて、なかなかまとまらなくて、つい大きな声が出てしまいました(笑)。みんないい選手で、これからのフィギュアスケート界がますます楽しみになった大会でしたね。これからもコーチとして、日本のスケート界に関わっていけることがうれしいです」

――これからコーチとして、選手を導いていく気持ちも芽生えましたか?

佐藤 「いやいや…(笑)。僕自身まだまだコーチとしては歩き出したところなので、『木下スケートアカデミー』の濱田(美栄)先生や田村先生、村元(小月)先生たちに助けられながら、コーチとして少しでも選手たちの役に立てるように勉強しているところです」

――’20-’21シーズンの注目ポイントはどこでしょう?

田村 「やっぱり、それは『木下スケートアカデミー』の選手の活躍ですね! 自意識過剰かもしれませんが、本当にいい選手がそろっています。当たり前ですが、国際大会で活躍するには国内でまずはいい成績を納めなければなりませんので、国内大会でたくさんの選手が上位に入っていってくれればと願っています」

佐藤 「能力のある選手たちがたくさんいますので、『木下スケートアカデミー』の選手全員で表彰台を独占してほしいですね」

――そんな才能豊かな「木下スケートアカデミー」の選手たちの活躍を、お二人がキス&クライから見守る日が楽しみです。

佐藤 「えっと、僕は…」

田村 「(さえぎって)もちろん!」

佐藤 「いい服を着ていかないと(笑)」

――最後に選手たちへメッセージをお願いします。

田村 「焦る気持ちもあると思いますが、まず健康を最優先に、今できることをしっかり積み重ねていってください。こういった時期に何をしたかが後々、試合に出るものだと思うので、今の時間を大切にしてほしいです」

佐藤 「今やっていることが、今後のスケート人生につながっていくと思います。マイナスなことではなく、プラスのことに目を向けてください!」

撮影/高橋学、中西祐介

【雑誌情報】

「KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち2019-2020シーズン総括&2020-2021シーズン展望号」
(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/KISS&CRYシリーズVol.34)
発売中
https://honto.jp/netstore/pd-book_30358103.html

「KISS&CRY」とは?

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry