dCS製品が8/1から値上げ。コロナ禍での製造コスト高騰を受けて

©株式会社 音元出版

太陽インターナショナルは、同社が取り扱うdCS社製品について、8月1日から希望小売価格を改訂すると発表した。7月31日18時まで現行価格にて注文を受け付ける。

コロナ禍における製造コストの高騰、および安定した生産供給体制の維持等によって、dCS社が価格改定を余儀なくされたことを受けたものだと説明。「海外、および日本国内の内外価格差を出来るだけ少なくするため、今回の値上げにつきましても極力抑えるよう努力した結果とお考えいただければ幸いでございます」としている。

対象製品と改訂後の価格は下記の通り(価格はすべて税抜表記)。

・NETWORK BRIDGE 890,000円(旧価格650,000円)

・BARTOK DAC 2,020,000円(旧価格1,800,000円)

・BARTOK DAC + 2,410,000円(旧価格2,100,000円)

・ROSSINI PLAYER 3,670,000円(旧価格3,590,000円)

・ROSSINI TRANSPORT 2,710,000円(旧価格2,600,000円)

・ROSSINI DAC 3,180,000円(旧価格3,080,000円)

・ROSSINI CLOCK 1,100,000円(旧価格1,030,000円)

・VIVALDI TRANSPORT 5,390,000円(旧価格5,230,000円)

・VIVALDI DAC 4,370,000円(旧価格4,270,000円)

・VIVALDI CLOCK 2,170,000円(旧価格2,120,000円)

・VIVALDI UPSAMPLER 2,860,000円(旧価格2,700,000円)

・リモートコントロール 140,000円(旧価格100,000円)