コロナで人間関係にヒビ、40代女性「在宅勤務中に先輩がミス、なぜか私が謝罪」

©株式会社グローバルウェイ

上司が出したミスを、なぜ私が解決しないといけないのか」と怒る声

新型コロナウイルスの影響で、それまでは何事もなかった職場での人間関係にヒビが入ったという人もいる。キャリコネニュース読者からも、

「仕事を一緒にやっていこうとしていた仲間がいた。しかし価値観の違いが浮き彫りに……。結局は『一緒にはできない』という選択になった」(秋田県/40代女性/サービス系)
「コロナ後も平気で飲み歩く上司に対する不信感」(東京都/40代女性/不動産・建設系)

といった声が寄せられている。サービス系企業で事務・管理職をする東京都の40代女性もその一人だ。(文:鹿賀大資)

「自分はミスをする。だから私の仕事をチェックすればいいだろ」という態度

女性は、別の部署で働く先輩女性との間に亀裂が生じた。コロナに伴い在宅勤務で仕事を進めていたが、慣れない人のフォローなどもあり、女性の業務量は増加している。先輩女性もフォローに回る側だったが、ミスが目立っていた。

そこで女性は先輩女性の、業務量を減らしたり、簡素化したりなどの対応を取っていたという。

「でも本人にミスを改善しようとする考えはありません。それどころか『自分はミスをする。だから私の仕事をチェックすればいいだろ』という謎の高圧的な態度のため、ちょっと厳しいです。ちなみに彼女の仕事量は、在宅の前も非常に少なかったのですが」

結局のところ先輩女性のチェック業務は、女性が担当することになった。いざチェックしてみると案の定、ほぼすべてが間違えて処理されていたという。

「彼女の将来性と費用対効果を見ると、アホらしいレベルだと思いました。また業務量が少ないのをいいことに、一時期は『なんとか残業しよう』という態度が顕著で、えげつなかったです。なぜ彼女が残業して出したミスを、私が謝罪かつ解決しないといけないのでしょう」

「監視カメラなどを使って、スタッフに嫌がらせをするようになった」(50代女性)

女性は、今回の原因について綴る。

「彼女は元々、他人へあまり感謝しない人です。その社会性のなさが、より誤解を招きやすいリモートワークで顕著に出たと思います。しかも私は唯一、彼女より後から入っているので、そこに意味不明な上下関係の要素も加わったのでしょう」

また「効率などの観点から言うと、仕事をさせなければ解決はします」とまで言っている。これらを踏まえた上で「もはや彼女とのコミュニケーションは本当に困難であることが明白です」という。先輩女性は現在「他のチームの仕事をしています」という。

ほかには、

「社長はコロナがピークになる前までは『本業が儲かっているから安心しろ。君が不安になると他のスタッフにも影響する』言っていた。それが4月初めから豹変。監視カメラや子飼いの部下を使って、スタッフに嫌がらせをするようになった」(奈良県/50代女性)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで人間関係にヒビが入った人」「年収と恋愛に関するアンケート」に関するアンケートを募集しています