静岡県「着工認めない」 JR東海に返答 リニア2027年開業難しく… 長野県「一日も早く問題解決を」

©株式会社長野放送

リニア中央新幹線の2027年開業が難しくなりました。

南アルプストンネルで未着工の静岡工区で大井川の水の減少が問題となる中、JR東海は、掘削に先立つ準備工事が出来ないか静岡県に問い合わせていました。

これに対し、静岡県は環境への影響を重視する立場から、3日、「準備とはいえ、本体工事の一部で、環境保全の協定が締結されていない」として、「着工は認めない」と回答しました。

JR東海は先に「6月中に着工できなければ予定通りの開業は難しい」としていて、「2027年品川・名古屋間開業」という計画は、延期が避けられなくなりました。

長野県の阿部知事は、3日の会見で、「関係者間でしっかり意思疎通し、一日も早く問題が解決して事業進捗が図られることを願っている」と述べました。