「おしるし」の真実! すぐに受診したほうがいい目安はコレ!【助産師】

©株式会社ベビーカレンダー

助産師・ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、出産前の「おしるし」についてお話しています。おしるしとは何か? 家で様子を見るか、受診するべきかのポイントなどを詳しく解説!

妊娠中のママは、お友達や本・インターネットの情報などで、「おしるし」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。みなさんが気になる、出産前の「おしるし」についてお話ししていきます。

おしるしとは?

おしるしは、正式には「血性分泌物」といいます。

卵膜(赤ちゃんを包む膜)は、子宮の内側の壁に張り付いています。子宮の収縮などで、子宮の出口の部分(子宮頚部)が広がり、卵膜とズレが生じることで剥がれて出血をします。少量の出血とともに、子宮頸管を満たしている粘液(粘液栓)も押し出されてきます。それが「おしるし」で、「産徴(さんちょう)」とも呼ばれます。

出血の量や膣内に停滞していた時間などによって変化しますが、ドロッとした性状で色はピンク色・赤色・茶褐色などです。サラサラした水っぽい性状は破水もしている可能性もあります。出産が近くなると子宮の収縮が起こり、このおしるしがみられるようになります。

このおしるしは、出産のはじまりのサインと言われていますが、おしるしがあっても陣痛はすぐに始まらずに何日も後になる場合もあります。また、妊婦健診の内診の時の刺激で少量出血することもあります。予定日を過ぎると早く陣痛がくるように医師が健診の内診時に子宮口を刺激する「卵膜剥離」という処置をするこで、同じような膣出血(おしるし)があることがあります。

おしるしがあった!家で様子を見る?受診するべき?

おしるしがみられても慌てなくて大丈夫!
おしるしがあっても、すぐに陣痛が来なかったり、陣痛が開始するまでに数日〜数週間かかることもあります。家で様子を見てもいいものと受診したほうがいいものの違いはこちらです。

【家で様子を見ていいおしるし】

・正期産(妊娠37週以降)である
・ピンク色。赤い出血であっても少量(生理の始まりや終わりかけの量)
・陣痛がない、または弱い
・おなかが柔らかい(張っていない)
・胎動が良好
・おしるしがあった当日〜数日前に内診をした
・性生活をした

【受診したほうがいいおしるし】

・早産(妊娠36週以下)
・おしるしが赤色で多い(生理の2日目よりも多い場合)
・おしるしの性状がサラサラしている、水っぽい(破水の可能性があります)
・胎動が少ない
・おなかがずっと張っていて痛い
・胎盤の位置が低い(子宮の出口の近くにある)と妊婦健診で医師から注意するようにいわれている

受診するときにおしるしの状態を伝えるポイント

受診の前には必ず、病院に連絡しましょう。
基本的には、電話越しの医師や助産師の質問通りに答えていただければ大丈夫です。慌てずにわかりやすく伝えられるポイントをお伝えします。

・妊娠週数
・初産婦か経産婦か
・おしるしがみられたのはいつか
・おしるしの色、量(生理中だと○日目ぐらい)
・破水の有無
・おなかの痛み、陣痛の有無
・胎動の有無
・医師から注意するように言われていること(胎盤の位置が低い、血圧が高いなど)

おしるしがあっても、すぐに陣痛がきたり分娩にならないこともあります。また、陣痛開始時はなかったのに、分娩がだいぶ進んできてからみられる場合もあります。助産師や医師は、この血性分泌物(おしるし)の量や様子でお産の進み状況の判断材料の一つにしています。おしるしがあっても慌てずに、出産に向けて心身共に準備していけるといいですね。

◆関連動画 出産ドキュメンタリー


監修者・著者:助産師 国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー 榎本美紀

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援。訪問時の相談は多岐にわたり、おむつなし育児アドバイザーとしてトイレトレーニングなどの相談も。一児の母。


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡