暑い日、仕事中も簡単こなれ見え!「ひとつ結び」は、結ぶ位置にこだわる

©株式会社オールアバウト

お仕事にも使える簡単でこなれ感たっぷりのひとつ結びアレンジをご紹介。ボブスタイルやミディアムなど、ゴムを使った万能ポニーテールです!

仕事で使えるひとつ結びはコレ! 簡単でおしゃれなローポニーテール

お仕事をする時や首元をすっきりさせたいとき、ひとつ結びをする方は多いと思います。でも、ただ結んだだけでは野暮ったく見えて、オフィスで浮いてしまう……なんてお悩みも。そんなとき役立つ、前髪ありのきれいめポニーテールの作り方をご紹介します。

hair&make KAORI(anti)

すっきりまとまるので、小さなお子さんがいるママにもぴったり。人気のボブやミディアム、伸ばしかけのヘアにもおすすめです。暑い日にはもちろんですが、オールシーズン使える万能アレンジですので、ぜひマスターしてください。

ベースのヘアスタイル

広がりやすい切りっぱなしボブ

前髪ありの伸ばしかけのボブ~肩すれすれのミディアムスタイルで、ひとつ結びができる長さです。モデルは、湿気で広がりやすく、少しクセがあり、毛先もハネやすい髪質。下ろす場合は、巻いたりブローをしないとキマらないのがお悩みです。

ヘアアレンジの方法・やり方

ひとつ結びヘアアレンジのやり方を紹介します。

1

表面の髪を真上に引き出す

こなれ感の秘密は表面の波ウェーブにあり! まずは、髪をひとつまみ真上に引き出します。

2

毛先はつまんだまま、アイロンにぐるぐると巻きつける

ヘアアイロンでトップの髪を巻きます。温度を180度に設定し、アイロンのレバーで挟まずに、棒状のままぐるぐると巻きつけます。ただ巻きつけるだけなので、レバーで変な折れ跡がつく心配もなく、とっても簡単です。

3

らせん状にうねりがついた状態

巻き上がった状態がこちら。らせん状に、表面にうねりがつきました。

4

ピンク色の部分が巻き上がり

同様にあと3本巻いていき、全部で4本うねりができた状態。ピンクの部分が巻き上がりです。巻く方向は特にこだわらず、やりやすい向きでOK。

5

トップの根元から手ぐしでとかす

トップの根元から、手ぐしを入れてとかします。

6

束がほぐれた状態

巻いた毛束を崩した状態。根元から毛先までしっかり手ぐしを入れることで、きれいにほぐれます。

7

表面にワックスをつける

次に、ヘアワックスをつけます。手のひらに少量のワックスを伸ばし、表面をクシャッと握るようにつけましょう。結んだときに、表面に出る部分につけるイメージで、もみ込んでください。

8

もみあげとこめかみの髪を引き出す

表面の立体感をつぶしすぎないように、後ろでひとまとめにします。片方の手で押さえたまま、もみあげとこめかみから後れ毛を出します。肌が透けるくらいの分量がおすすめ。

9

低めの位置で一つに結ぶ

ゴムでしっかりひとつ結びをします。 低めの位置だと大人っぽく仕上がります。

10

トップの髪を少しずつつまんで引き出す

トップと襟足をゆるめます。トップから少量の毛束をつまみ、ゆっくり引き出したら、合わせ鏡で横からチェック。トップにゆるっとした毛束感が出ていたら完成です!

11

襟足の髪を引き出してゆるませる

襟足の毛束も少しずつ引き出して、合わせ鏡で横からチェックします。一度にたくさん掴まないように少量の毛束をとるのがコツ。ゆるっとした毛束感が出たら完成です!

うまく仕上げるポイント

ポニーテールの毛先を1束取り、ワンカールつける

表面しか巻いていないと、結んだ毛先は真っすぐのまま。これだけでもかわいいけれど、残った毛先をちょこっとカールするだけで、全体のバランスがぐっとよくなります。3束程度に分けて、それぞれ毛先にカールをつけましょう。

サイド&バック

hair&make KAORI(anti)
hair&make KAORI(anti)

サイドとバックです。

(文:WAKO(ヘアアレンジガイド))