東京都知事選挙立候補者・込山洋氏「路上喫煙・ごみのポイ捨ては罰金10万円に」

©選挙ドットコム株式会社

6月18日告示、7月5日投開票で行われている東京都知事選挙には届け出順に、山本太郎氏、小池ゆりこ氏、七海ひろこ氏、宇都宮けんじ氏、桜井誠氏、込山洋氏、小野たいすけ氏、竹本秀之氏、西本誠氏、関口安弘氏、押越清悦氏、服部修氏、立花孝志氏、さいとう健一郎氏、ごとうてるき氏、沢しおん氏、市川ヒロシ氏、石井均氏、長澤育弘氏、牛尾和恵氏、平塚正幸氏、ないとうひさお氏の22人が立候補しています。本記事では込山洋氏の主な主張をご紹介します。

無所属・スマイル党推薦 込山洋氏

込山洋氏は「人々が心豊かに、笑顔溢れる、そんな東京都を目指します!」をスローガンに以下のような政策を掲げています。

・コロナ対策:都民の生活、命を第一に

・ゴミ、たばこのポイ捨て、路上喫煙は罰金10万円、完全密室型喫煙所の設置

・介護離職率の減少、介護福祉士年収480万円、介護施設の増設

・動物殺処分の実質ゼロ、アニマルポリスの設置

・満員電車の混雑緩和

・いじめ、うつ病、自殺対策(相談窓口の強化)

・高齢者、障がい者支援拡充、都内全域のバリアフリー化

など