県高野連、大会運営費募る ネットで300万円目標

©株式会社岩手日報社

県高野連が始めたクラウドファンディングのサイト画面

 県高野連(会長・南舘秀昭盛岡工校長)は、1日から独自開催している夏季県高校野球大会の費用に充てるクラウドファンディングを始めた。目標額は300万円としている。

 例年行われている全国選手権岩手大会は、入場料収入を財源にしているが、今回は原則無観客のため、運営費の確保を目的としている。新型コロナウイルス感染症対策で県大会を4球場に増やし、球場内の消毒も行うなど新たな費用も発生している。

 支援希望者はクラウドファンディングサイト「A-port」の岩手県高野連ページ(https://a-port.asahi.com/projects/kouyaiwate2020/)から申し込み可能。1口1000円から支援できる。個人、法人は問わない。募集期間は8月31日まで。