池上彰、新型コロナに翻弄された半年を徹底解説! 7月5日に決まる新東京都知事にも迫る

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では7月5日に、新型コロナウイルスが世界を席巻した2020年激動の半年を、池上彰の解説や再現ドラマで検証する「池上彰の人類vsコロナ危機 徹底検証!あの時何が起きたのか」(午後6:30)を放送する。

新型コロナの感染拡大による経済の停滞。ここから脱するヒントを90年前の世界恐慌から探り、池上が解説する。世界恐慌によりアメリカでは企業倒産や金融機関の閉鎖が相次ぎ、労働者の4人に1人が失業、その波は日本をも襲った。そこで当時の大蔵大臣だった高橋是清がとった対策には、現代にも通じるさまざまな教訓が隠されていた――。

そして、新型コロナ禍に遭遇した人々が、何を思い、どのような行動に出たのかを再現ドラマで追う。感染し、死の淵をさまよった一人の医師の実体験をドラマ化。どんな症状だったのか、恐怖とどのように向き合ったのか、医療従事者はどう処置したのかなどを「最前線で闘う医師 コロナからの生還」と題して描き出す。出演は、寺脇康文、酒井美紀、宮崎美子、松村雄基、宮澤佐江ほか。

さらに、東京オリンピック・パラリンピックが開催予定だった今年、多くの企業が設備投資を増やし、明るい未来を夢見ていた。しかし、それがコロナでもろくも崩れ去ることに。ドラマ「天国から地獄…ある旅館の悲劇」では、天国から地獄に突き落とされたある旅館の女将(おかみ)とその家族の葛藤を映像化する。

ドラマ「独占!10万円給付決定までの裏側」では、土壇場で決まった全国民への10万円給付をテーマに、その裏側にある、政治家たちのさまざまな思惑を描写。同局の政治記者が舞台裏を徹底取材した、給付金の真実とは!?

また、放送当日は東京都知事選の投開票日ということで、この日新たに誕生する都知事は、来たるべきコロナ第2波にどう対処していくのか。池上は「緊急事態宣言が解除されても、新型コロナウイルスの脅威は消えていない中で行われた東京都知事選挙。この機会にコロナの影響を中間総括します」とアピール。

今回はドラマの案内人役も務める池上は、「ウイルスのために経営が危機に陥った経営者。自らの命の危険を顧みずに患者の治療に当たった医師。安倍政権の方針転換。これらを再現ドラマで描きつつ、危機における指導者のあるべき姿を過去の危機から学びます」と語っている。