熊本県と鹿児島県に「大雨特別警報」

©株式会社ウェザーマップ

大雨特別警報(4日午前4時30分)

 きょう4日(土)午前5時前、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報が発表された。  熊本県と鹿児島県では、記録的な大雨になっており、今後も梅雨前線が停滞するため、同じような場所に活発な雨雲がかかり続ける見込みだ。このため、土砂災害の危険がさらに高まる見込みで、大規模な災害になるおそれもある。

 直ちに、命を守る行動が必要な警戒レベル5で、すでに災害が起きているおそれもある。広範囲での土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに、厳重な警戒が必要だ。

記録的短時間大雨情報の発表状況

4日午前6時の雨雲の様子

 気象庁は、熊本県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

熊本県  芦北町付近 120ミリ以上(午前3時30分)  天草市御所浦付近 約110ミリ(午前3時30分)  津奈木町付近 約110ミリ(午前3時30分)  芦北町付近 約110ミリ(午前6時00分)  芦北町付近 120ミリ以上(午前6時30分)  球磨村付近 約110ミリ(午前6時30分)  人吉市付近 約110ミリ(午前8時30分)  球磨村付近 約110ミリ(午前8時30分)  あさぎり町付近 約110ミリ(午前8時30分)

 九州付近の梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部では大気の状態が非常に不安定となっている。前線が停滞しているため、同じ場所に活発な雨雲がかかり続け、雷を伴った非常に激しい雨が九州南部ではあすにかけて降る見込みだ。

■記録的短時間大雨情報とは

 1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。